新潟県での内職探しをしてる方必見です 県内のハローワーク所在地など

新潟の求人・内職探し

新潟県などで
内職をお探しの方必見です
お勧めの、そして重要な
内職のポイントを
チェックしてください

  


内職商法に注意してください!!


内職商法とは
「家庭で手軽にできる仕事で一定の確実な収入が得られます!」
などと勧誘し、その仕事に必要だという名目で材料や機械などの高額な商品を
クレジット契約などを利用して購入させるものです
内職商法では、実際に内職を始めてみても、仕事が回ってこないとか、
回ってくる仕事量がわずかであるとか、技術不足だから報酬を払えないなどと言われ、
結局は購入した商品代金分だけ損をしてしまうなどの被害を受けてしまう詐欺のことを指します

特に電話での内職勧誘は疑ってかかってください
失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法

新潟県での内職探し

新潟県での内職探し・在宅ワークならまずはネットで・・・と思われる方が最近増えてきているようですが、
それよりもまずは区役所・市役所に行くべきと思います。
実際のところ区役所・市役所での内職は単価が低く、
お金にならないためネットでの内職・在宅ワークを探しているのだと思いますが
やはり公共機関ですので、安心した内職を探すことが可能です。
また、ハローワークでの職探しは安定した内職を探すことができます


ハローワークでは、総合的雇用サービス機関として、

求人の受理や職業の紹介をはじめ、雇用に関する

各種の相談・指導などの業務も行ってくれます。



上越市では
上越市内職あっせんセンターを設置しており
内職の紹介・あっせんを行っております

住所
上越市西本町4−17−5 (社会教育館内)
電話
025-544-0630
相談日
月曜日〜金曜日 午前8時30分〜午後5時
休み
土、日、祝日、年末年始



新潟県内ハローワーク所在地一覧

ハローワーク新潟 〒950-8532 新潟県新潟市中央区万代3-4-38 025-244-0131(代)
ハローワーク長岡 〒940-8609 新潟県長岡市中沢町字太田500-1 0258-32-1181(代)
ハローワーク上越 〒943-0803 新潟県上越市春日野1-5-22 上越地方合同庁舎 025-523-6121(代)
ハローワーク三条 〒955-0053 新潟県三条市北入蔵1-3-10 0256-38-5431(代)
ハローワーク柏崎 〒945-8501 新潟県柏崎市田中26-23 柏崎地方合同庁舎 0257-23-2140(代)
ハローワーク新発田 〒957-8506 新潟県新発田市日渡96 新発田地方合同庁舎 0254-27-6677(代)
ハローワーク新津 〒956-0864 新潟県新潟市秋葉区新津本町4-18-8 新津労働総合庁舎 0250-22-2233(代)
ハローワーク十日町 〒948-0004 新潟県十日町市下川原町43 025-757-2407(代)
ハローワーク小千谷 〒947-0028 新潟県小千谷市城内2-6-5 0258-82-2441(代)
ハローワーク小出(出) 〒946-0021 新潟県魚沼市佐梨682-2 025-792-8609(代)
ハローワーク糸魚川  〒941-0067 新潟県糸魚川市横町5-9-50

025-552-0333(代)

ハローワーク巻 〒953-0041 新潟県新潟市西蒲区巻甲4087 0256-72-3155(代)
ハローワーク南魚沼 〒949-6609 新潟県南魚沼市八幡20-1

025-772-3157(代)

ハローワーク佐渡 〒952-0011 新潟県佐渡市両津夷269-8 0259-27-2248(代)
ハローワーク村上 〒958-0033 新潟県村上市緑町1-6-8 0254-53-4141(代)
ハローワーク妙高 〒944-0048 新潟県妙高市下町9-3 0255-73-7611(代)

内職を探すうえでの注意事項

ただし、一つだけ注意していただきたいのが、
内職の元請け会社が県外の場合です。
このケースではいくらハローワークの紹介であったとしても、
警戒する必要があります。

基本的にハローワークでは、
仕事内容の審査などがないため、
詐欺・悪徳商法に騙されるケースも少なくありません

失業保険の受給額を正しく増やすために・・・


●自己都合退職しても、すぐに失業保険がもらえる方法とは?

 自己都合退職すれば、3ヶ月は失業保険がもらえない・・・
 そんな思い込みをして、大損している人がどれだけいるでしょうか?
 自己都合退職しても、すぐに失業保険をもらえる方法があります。
 やむを得ず会社を辞めることになった人、必見です。

税金を安くしてもらう方法

 会社を辞めて不安なのは、安定収入がなくなることです。

 その上、さらに追い討ちをかけるように予想外の出費が襲い掛かってきます。
 それが税金です。

 会社を辞めて収入がなくなったから、税金は払わなくていい・・・とはいきません。
 住民税は前年の所得に応じてかかってきます。
 会社を辞めていて無収入だろうが、容赦なく請求されるのです

 会社勤めをしているときは、税金は給料から天引きされていましたので、
 あまり意識することはなかったかも知れません。

 ですが、会社を辞めると、税金は自分で納めることになります。
 家に送られてきた納付書を見て、あまりの金額に絶句する人も多いのです。
 2007年6月から住民税が恐ろしく高くなりましたから、負担はさらに大きくなっています。
 「こんな大金、払えないよ・・・」と思っても、無視するわけにはいきません。

 国は、税金の滞納者には容赦がありません。
 請求された金額を払わないと、10日の延滞で銀行口座を差し押さえられます。

 とはいえ、請求された金額を馬鹿正直に払う必要はありません
 人によって差が大きいのですが、税金を安くしてもらう方法があります


    病気で会社を辞めても、貯金が0でも大丈夫!
     失業保険の受給額を増やすポイント



Copyright (C)内職情報 2007 All Rights Reserved.

旭川・札幌・函館・仙台・新潟・群馬・埼玉・千葉・東京・横浜・静岡・愛知・名古屋・岐阜・三重・和歌山・奈良・大阪・神戸・岡山・香川・松山・愛媛・高知・徳島・福岡・熊本・鹿児島